町工場の技と部品にアートの命を
  • 0
ABOUT|FACTORY LIBRARY|NEWS|CONTACT|PRIVACY POLICY
今までありがとう。そして、はじめまして。
日々私達の生活を豊かにしてくれる工業製品達。その製品達が生まれる日本全国の工場。 その工場の中で、毎日毎日、油にまみれて、その身を削りながら働いてくれている部品や工具。
その無駄のないシルエットは、もはや美しさすら感じます。
「FACTO-Re-USE」では、そんな今まで陽の当たらない彼らにスポットをあててプロダクトアートとして再度、命を吹き込みます。
また国内のみならず、この日本人特有の魂宿る文化を広く発信すべく、世界を視野にいれた展開を目指し、 日本の誇る町工場のパワーを未来につなげます。
「FACTO-Re-USEはものづくりのハブ空港」
ものづくり大国と言われる日本には町工場がたくさんあります。そこには何十年と培われた技術があり、その技術を活かすための部品や工具がたくさんあります。この町工場にある「技」や「部品」は日本を大きく成長させ、人々の生活を豊かにしてきました。しかし、普段の生活の中で製造業に携わることのない人がその「技」や「部品」を目にすることはほとんどありません。常に縁の下の力持ちで人々の生活を支えてきた工場の「技」そして「部品」。そこに新しい価値をプラスし、生活の中で身近にあるものにすることで町工場のものづくりを少しでも知ってもらいたい。そう考え「FACTO-Re-USE」は生まれました。
「町工場=FACTORY」
にある技、部品に
「新しい価値を加えて使う=Re-USE」
という意味があります。

FACTORY ものづくりに情熱を持っている町工場の職人さんやデザイナーさんなど「作る」ことを仕事にしている方々を主役として
「日本のものづくりの技でどんなことができるの?」
「どんな思いを持ってモノづくりをやってるの?」
などなど普段、みなさんがご存じないものづくりの事をお話しながらインターネットラジオを通じてお伝えしています。そしてお話いただいた方々のお仕事やその思いをLIBRARYページにてご紹介しています。

Re-USE 町工場にある技、部品にデザインやアイデアをプラスしてMADE IN JAPANの新しい商品を生み出します。びっくりするような発想と町工場が協力することでこれまでと違った新しい価値の商品が生まれ、町工場から世界に発信できるモノを生み出していきます。

日本の基盤とも言えるものづくり。町工場では精密でクオリティの高い製品が日々製造されています。その製品の一つ一つが私たちの生活を豊かにし、支えています。そんなものづくりに加え、その技術を違う形で活かした新しい価値を持つ商品が世の中にあってはいいのではないかと考えています。
ずっと縁の下の力持ちだった町工場が自社で作った商品をみて「これ、うちの会社で作った商品だよ。」と自慢できるようなものを生み出していきたい。そう考えています。
FACTO-Re-USEはものづくりのハブ空港です。
町工場と多くのデザインやアイデアを繋ぐことで今までになかったモノを生み出していきます。

ページトップへ戻る

Facto Re Use 町工場の技と部品に アートの命を

今までありがとう。そして、はじめまして。
日々私達の生活を豊かにしてくれる工業製品達。その製品達が生まれる日本全国の工場。 その工場の中で、毎日毎日、油にまみれて、その身を削りながら働いてくれている部品や工具。
その無駄のないシルエットは、もはや美しさすら感じます。
「FACTO-Re-USE」では、そんな今まで陽の当たらない彼らにスポットをあててプロダクトアートとして再度、命を吹き込みます。
また国内のみならず、この日本人特有の魂宿る文化を広く発信すべく、世界を視野にいれた展開を目指し、 日本の誇る町工場のパワーを未来につなげます。
「FACTO-Re-USEはものづくりのハブ空港」
ものづくり大国と言われる日本には町工場がたくさんあります。そこには何十年と培われた技術があり、その技術を活かすための部品や工具がたくさんあります。この町工場にある「技」や「部品」は日本を大きく成長させ、人々の生活を豊かにしてきました。しかし、普段の生活の中で製造業に携わることのない人がその「技」や「部品」を目にすることはほとんどありません。常に縁の下の力持ちで人々の生活を支えてきた工場の「技」そして「部品」。そこに新しい価値をプラスし、生活の中で身近にあるものにすることで町工場のものづくりを少しでも知ってもらいたい。そう考え「FACTO-Re-USE」は生まれました。
「町工場=FACTORY」
にある技、部品に
「新しい価値を加えて使う=Re-USE」
という意味があります。

FACTORY ものづくりに情熱を持っている町工場の職人さんやデザイナーさんなど「作る」ことを仕事にしている方々を主役として
「日本のものづくりの技でどんなことができるの?」
「どんな思いを持ってモノづくりをやってるの?」
などなど普段、みなさんがご存じないものづくりの事をお話しながらインターネットラジオを通じてお伝えしています。そしてお話いただいた方々のお仕事やその思いをLIBRARYページにてご紹介しています。

Re-USE 町工場にある技、部品にデザインやアイデアをプラスしてMADE IN JAPANの新しい商品を生み出します。びっくりするような発想と町工場が協力することでこれまでと違った新しい価値の商品が生まれ、町工場から世界に発信できるモノを生み出していきます。

日本の基盤とも言えるものづくり。町工場では精密でクオリティの高い製品が日々製造されています。その製品の一つ一つが私たちの生活を豊かにし、支えています。そんなものづくりに加え、その技術を違う形で活かした新しい価値を持つ商品が世の中にあってはいいのではないかと考えています。
ずっと縁の下の力持ちだった町工場が自社で作った商品をみて「これ、うちの会社で作った商品だよ。」と自慢できるようなものを生み出していきたい。そう考えています。
FACTO-Re-USEはものづくりのハブ空港です。
町工場と多くのデザインやアイデアを繋ぐことで今までになかったモノを生み出していきます。